2014年09月02日

尿酸値を下げる基本-4(サプリメント編)

尿酸値を下げる方法-4をお届けします。

『尿酸値を下げる』

☆サプリメント類

尿酸値の低下を期待できるサプリメントもあります。

一般的には尿酸値の低下を期待・安定化できる成分としていくつかあります。

その中でも知られているのが”アンセリン”・”キトサン”・”ケルセチン”
などなどです。

それではそれらの成分に期待できることとはなんでしょう。

★アンセリン

『アンセリン』とは魚類の筋肉中に含まれている2種類のアミノ酸が
結びついた構造をしているペプチドの一種で、高速で泳ぐ回遊魚の
パワーの源成分といわれています。

『アンセリン』を摂ることで、気になる健康値、プリン体にアプローチ
します。

様々な研究によって以下のような健康作用が期待されています。

・尿酸値の抑制
・疲労回復
・運動能力を向上
・アンチエイジング
・血糖値上昇を穏やかにする
・血中アルコールの代謝を促進する

★キトサン

『キトサン』は、不溶性の食物繊維であるキチンをさらに加工したものです。
キトサンの元となるキチンは、エビ・カニなどの甲殻類の殻に含まれている
消化されない(不溶性)食物繊維です。

『キトサン』を摂ることで、余分な脂肪分や塩分にアプローチします。

様々な研究によって以下のような健康作用が期待されています。

・血中コレステロールを調節
・脂肪の吸収(蓄積)を防ぐ
・尿酸値の抑制
・血圧上昇を抑制
・免疫力を高める
・解毒作用

★ケルセチン

『ケルセチン』は、フラボノイド、ポリフェノールの一種で、タマネギやソバを
はじめ多くの植物が紫外線などから身を守り、生き抜くために自ら作り出すものです。

『ケルセチン』は抗酸化力により、活性酸素にアプローチします。

血液中の抗酸化力を高めるちからがあること。
このため、血流を改善したり、血管の保護につながることが最近の
研究で明らかになったのです。

様々な研究によって以下のような健康作用が期待されています

・脂肪の吸収(蓄積)を防ぐ作用
・動脈硬化の予防
・抗炎症
・抗酸化


その他にもよく知られている成分として”シャンピニオンエキス”
があります。

※シャンピニオンエキスについて

日本語ではツクリタケと呼ばれるハラタケ科のキノコが
シャンピニオンと呼ばれます。

健康食品に利用されるのはマッシュルーム(シャンピニオン)
から抽出されたシャンピニオンエキス等です。

シャンピニオンは茸【きのこ】類の中では、たんぱく質や
ミネラル類が多く含まれています。

シャンピニオンに含まれているミネラル類では、特にカリウムが
豊富に含まれており、カリウムもキノコ類の中では、最も多く

含まれているので、心臓や筋肉の働きを正常にする効果や
高血圧の予防や改善などの効能があるといわれています。

また、最近の研究で、アメリカンチェリーが尿酸値を下げ、
炎症を緩和させる可能性のある成分が含まれていることが報告
されています。

今日はここまでです。
次回は9月5日に尿酸値を下げる基本-5をお届けします。


posted by KAZ at 10:04| 尿酸値を下げる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

尿酸値を下げる基本-3(薬編)

尿酸値を下げる方法-3をお届けします。

『尿酸値を下げる』

☆医師の処方薬を飲む

尿酸値を7.0mg/dl以下に保つことが将来の病気を予防するうえでも
重要な事です。

尿酸値が高くなり、医師の診察を受けたらまず、医師から処方された
薬を飲むことは基本です。

何が原因か調べて処方されている薬だからです。

薬には大きく分けて2種類あります。

一つは「乳酸値を上げないようにする薬」と「乳酸値を下げる薬」です。

尿酸値を上げないようにする薬というと「ザイロリック」がありますが、
暫く服用してもあまり効果がない場合は乳酸値を下げる薬「フェブリック」
を服用することがあります。

「フェブリック」は高くなった尿酸値を下げるのが目的の薬ですので、
ザイロリックよりは強いと言えます。

どちらにしても、医師に相談しながら治療することが大事です。

尿酸値が高いと健康診断で判断されたら、毎日の食事や軽い運動で
体調管理することがまずやることです。

痛風だけにはなりたくありません、ホント痛いです。
女性の赤ちゃんを産むときの苦しみだとも言われています。

乳酸値をなめてはいけません。
posted by KAZ at 18:02| 尿酸値を下げる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。